ぶるがり屋本舗

◆ クラス・職業辞典 ◆

ファンタジー世界のクラス・職業のリストです。

時代によって意味が変わるものは、中世やファンタジー世界に寄せてあります。
内容は簡素にまとめております。詳しく知りたい方は別途検索ください。

  • あいうえお順
  • メインクラス・前衛
  • メインクラス・後衛
  • サブクラス

あいうえお

あいうえお順、各行頭へのリンクです。

戦士系

騎士、騎兵系

魔法戦士系

盗賊、レンジャー系

格闘家系

ゲームでの主なクラス別です。
戦闘で前衛に当たる、近距離攻撃、騎兵、盗賊系など。

弓士、銃士系

魔法使い系

精霊使い系

僧侶系

吟遊詩人、詩人系

ゲームでの主なクラス別です。
戦闘で後衛に当たる、魔法、回復、補助系など。

称号、存在、呼称系

賢者・知恵者・学者系

占い師、予言者系

将軍・指揮官系

従者、下級戦士系

役人、官吏系

犯罪者系(シーフ、レンジャー系除く)

芸人系

商人系

畜産、獣使い系

その他

ゲームでのサブクラス、NPC用クラスです。

あ行

アーチャー

エルフの弓士
Archer 戦士系

射手、弓術家、弓士。弓術だけでなく、狩りに精通する者の意味合いも強い。「弓を使うもの」の意。
►ボウマン
出典:実在

アヴェンジャー、アベンジャー

Avenger 戦士系、存在

復讐者、報復者。対単数への攻撃特化、自分の傷や自分への攻撃を相手への攻撃に転化する能力を持つ聖戦士の事。「復讐するもの」の意。
出典:詩的表現

アウトロー

Outlaw 盗賊系、素性

無法者、ならず者。法から外れたもの、または法や権力の恩恵と保護を剥奪されたもの。「法を外れたもの」の意。
出典:実在

アオイドス

Aoidos 魔法使い系、補助系、一般系

歌手、吟遊詩人、吟唱詩人。主に神話伝承、歴史を歌にして伝える者達。特に即興で詩を編む、熟練した叙事詩の口承詩人を指す。
後のラプソドスより古く広義。「歌い手」の意。
出典:実在(古代ギリシャ)

アクロバット

Acrobat 盗賊系、補助系、一般系

軽業師、曲芸師。「つま先で頂上を歩く」ほどの意。
出典:実在

アコライト

Acolyte 僧侶系

侍祭、祭壇奉仕者、ミサ答え。侍者、助手、初心者の意も有り。「お供」の意。
出典:実在

アサシン、アサッシン

Assassin 盗賊系

暗殺者、刺客。侵入、隠匿、毒物、そして暗殺の専門家。「ハシシュ(大麻)を吸うもの」の意。
出典:実在(イスラム・十字軍伝承から)

アストロジャー、アストロジスト

Astrologer、Astrologist 魔法使い系、補助系

占星術師、星占い士、九星家。「星の学者」ほどの意。
►マギ
出典:実在(古代バビロニア)

アデプト

Adept 魔法使い系

高位の魔術師、錬金術師。熟練者、達人、名人の意も有り。原義は錬金術師への呼称。「技術に達したもの」の意。
出典:実在(イタリア・ルネッサンス期)、詩的表現

アドベンチャラー

Adventurer 戦士系、盗賊系、存在、素性

冒険者、冒険家、探検家。好んで危険を冒す山師、挑戦者。RPGでのPCたちの基本的な総称。「冒険するもの」の意。
出典:実在

アポストル、アポストロス

Apostle、Apostolos(希) 僧侶系

使徒、伝道者、宣教者、預言者。主にキリスト教の最初の12人の弟子を指し、神の言葉の代弁者、伝道者を言う。「派遣された者」「使者」の意。
►ディサイプル
出典:実在、伝道者の意味は新約聖書から。

アマゾーン、アマゾネス(複数形)

Amazon、Amazons 戦士系、素性

勇猛な女戦士、及びその一族。騎馬、弓術を中心に得意な戦闘に長けた、女性だけの狩猟民族。
弓を射る為に片乳を殺いでいたという説も。
出典:ギリシャ神話

アリスメティシャン

Arithmetician 魔法使い系、補助系

算術士、算術家、数術師、数秘術師。算術、数理、幾何学の専門家。諸々の合理化から建築、投射の基礎、及び数学を用いて真実、世界の真理に到達する研究者。「数えるもの」ほどの意。
出典:実在、ファイナルファンタジータクティクス

アルケミスト

Alchemist 魔法使い系、補助系

錬金術師。科学または疑似科学的な方法で物体、霊魂を変性、練成する。または賢者の石を至上の目的とする。
「雑多な素材を混ぜ合わせるもの」の意。
►ケミスト
出典:実在

イリュージョニスト

Illusionist 魔法使い系、一般系

幻術師、予見者、手品師、奇術師。幻影を操る魔法使い。幻術程度しか出来ないという意味で、初級魔法使いを呼ぶ場合も。
「遊ぶもの」の意。
出典:実在

インヴォーカー

Invoker 僧侶系

誓約者。神と直接誓約し、神の力を分け与えられた神官。神々の根源的な力を操り、奇跡を起こす。
「祈願するもの」「(神魔を)呼び出すもの」の意。
出典:D&D

インクウィジター、インクィジター

Inquisitor、Inquisitour 僧侶系

宗教裁判官、異端審問官。調査官、取調べ人の意も有り。
出典:実在

ウァテス

Wates 僧侶系、魔法使い系、階級

ドルイドに属する予言者、霊能者。ドルイドの助手、助祭も含まれる。自然信仰の祭祀、文化階級。
非文明的で生贄を好み、自然の魔力やルーンの力を引き出す。「予言者」「見る人」の意。
出典:実在(ケルト)

ヴァリット

Valet 補助系、一般系

騎士に仕える従者、側用人。
出典:実在

ヴァルキリー、バルキリー、ヴァルキューレ、ワルキューレ

Valkyrie(英)、Walkure(独) 戦士系、僧侶系

戦乙女、聖女戦士。誇りと神聖さを併せ持つ、神聖魔法を用いる女性の聖騎士。元々は勇者の魂を集める戦の女神。「戦死者を選ぶ女」の意。
出典:北欧神話

ヴァンガード

Vanguard 戦士系

先陣、前衛(の指導的)戦士、先兵。
出典:実在

ウィザード

Wizard 魔法使い系

魔術師、賢者、天才。魔術を高度に修めた大魔術師や賢者。主に男性を指す。「賢いもの」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

ウィッカ、ウィカ、ウィッカン

Wicca、Wiccan 魔法使い系

魔法使い。キリスト教と異なる古き魔術を操るもの。ウィッチの語源で、同じものを指す事も多い。「魔術師」の意。
出典:ヨーロッパ伝承

ウィッチ

小さい小さい魔女
Witch 魔法使い系

魔女。教会や権威にまつろわず、民間呪術や異端信仰をする者。妖精や精霊と交信し、呪い、薬作りを得意とする。本来は男女を問わない。
出典:ヨーロッパ伝承

ウィッチキング

Witch King 魔法使い系、存在

魔王、妖術王。闇や邪悪な勢力の支配者にして、邪悪な魔法の達人。基本的に人間の「魔王」。「妖術の王」ほどの意。
►ダークロード
出典:指輪物語

ヴィレッジ・チーフ、ヴィレッジ・メイヤー、村長

村長
Village chief、Village mayor 一般系、階級

村長。村のリーダー、指導者。初期の冒険者の依頼主になる事が多い。
出典:実在

ウォーリーダー

War Leader 補助系

軍師、戦闘指揮官。友軍を指揮し、統制だった戦術を行う。そのまま「戦いの指揮官」の意。
出典:ゲーム的表現(ソードワールド2.0?)

ウォーロード

オークの大将軍
WarLord 戦士系、補助系

(大)将軍、軍司令官、地方軍閥の長、戦国大名。戦闘指揮官。
出典:実在

ウォーロック

Warlock 魔法使い系

魔術師、魔法使い。ウィッチの男性形。呪術や精霊の支配、召喚魔法を得意とする場合が多い。「約束を破る者」「詐欺師」の意。
近代の造語として「戦争を終わらせる者」として使用される場合も。
出典:イギリス伝承魔法の国が消えていく

ウォリアー、ウォリヤー、ウォーリア

Warrior 戦士系

戦士、兵士、武人、古強者。職業戦士としての意味が強い。「戦争するもの」「混乱させるもの」の意。
出典:実在

エクスキューショナー

Executioner 戦士系、一般系

死刑執行人、首切り役人。
出典:実在

エクスプローラ

Explorer 戦士系、盗賊系、補助系

探検家、探求者。主に科学的目的で満ちの地域を調査するもの。「大声を上げて探し出すもの」ほどの意。
►アドベンチャラー
出典:実在

エクソシスト

Exorcist 僧侶系

祓魔(ふつま)師、除霊師、退魔師、悪魔祓い、祈祷師。デヴィルデーモンゴースト等を追い払う神職。
「厳命によって追い出すもの」の意。
出典:実在(カトリック)

エターナル・チャンピオン

Eternal Champion 戦士系、存在

多元世界に転生または渡り歩き、世界の維持のために戦う戦士。
出典:エターナル・チャンピオンシリーズ

エレメンタリスト、エレメンタラー、エレメンタルマスター

Elementalist、Elementaler、Elemental Master 魔法使い系

精霊使い。自然の精霊エレメンタル と交流・交信し、契約してその力を借りる妖精魔法の使い手。
出典:ゲーム的表現

エンチャンター

Enchanter 魔法使い系、補助系

付与魔術師。魔力を与える者、魅入らせる者。強化、弱化する魔法の術者。「魅惑するもの」の意。
出典:詩的表現

エンハンサー

Enhancer 魔法使い系、補助系

強化術師、練技士。特殊な呼吸法で自分の肉体の強化する。「高めるもの」の意。
出典:ソードワールド2.0

オーバーロード

Overlord 存在

(諸君主の上に立つ)大君主。または超越者。人智を越えた存在や、人の限界を超えた者を指す。
出典:詩的表現、または幼年期の終わり

オラウ

Ollam 補助系、階級

修行を積んだ詩人(フィリ)が到達出来る、七つある詩人階級の最高位。詩人の長。
出典:実在(ケルト)

オラクル

Oracle 僧侶系

預言者、賢人。預言者の総称。神託=神の言葉、イメージを伝える神職。神託、神命、至聖所の意味も。「話されたこと」の意。
►シビュラ ►ドドナ ►ピュティア
出典:実在(古代ギリシャ)

オレイター

Orator、oratour 補助系

弁士、演説者、雄弁家、話術士。言葉を巧みに操り、演説をする者。聞く者の心を操り、味方に引き込むことを得意とする。
キリスト教以外の伝道者を指す場合も。「話すもの」の意。
出典:実在、ファイナルファンタジータクティクス

か行

カーディナル

Cardinal 僧侶系、階級

枢機卿。教皇に次ぐ地位で、教皇を補佐し、教皇選出選挙の選挙権を持つ、教会の高位の聖職者。 緋色の衣と帽子を纏う。
「蝶番の、主要な」の意。
出典:実在(カトリック)

ガード、ガーディアン

王国警備兵
Guard、Guardiann 戦士系、存在

守衛、護衛、衛兵、見張り、歩哨、看守、守護者、保護者。守るものの総称。「見張る」の意。守る対象によって、ロイヤルガード、ボディガードなど語頭が変わる。
ガーディアンは象徴的意味合いが強い。
出典:実在

カタフラクト

Cataphract、Kataphraktos(古希) 戦士系、階級

重騎兵、重装騎兵。重武装の騎兵、特に複数の武器を携帯し、騎兵の全身と騎馬の前面を装甲で包む人馬を指す。「甲冑に囲まれたもの」の意。
►クリバナリウス
出典:実在(古代末期ローマ〜東ローマ、他周辺国)

カットパース、ピックポケット

Cutpurse、Pickpocket 盗賊系

スリ、掏児、巾着切り。暴力を用いず、懐から財布、金品を気付かれずに掠め取る盗賊。
「財布を切り取る」「ポケットから摘み取る」の意。
出典:実在

カンタストリ

Cantastorie、Cantastoria 補助系

吟誦詩人、吟遊詩人。バラッド、吟誦詩を節をつけて歌う。「歌う歴史」の意。
出典:実在(イタリア・ルネッサンス期)

キャヴァリアー、キャヴァリエ、シュヴァリエ

Cavalier、Cavalleria(伊)、Chevalier(仏) 戦士系

騎士、騎兵。ナイトが爵位の意味が強い事に対して、「騎兵」の意味合いが強い。「馬に乗るもの」の意。
出典:実在

キャスター

Caster 魔法使い系、補助系

魔術師。高度な魔術の他、魔法の陣地や道具作成技能を持つ。言葉を操る作家や詩人哲学者が呼称される場合も。
「投射する/呪いをかけるもの」「配役者」の意。
►ルーンキャスター
出典:Fate/stay night(?)

クラウン

Clown 盗賊系、補助系、一般系

道化、道化師、道化役者、大道芸人。主にサーカスでの進行役。「不器用者、愚か者」の意。
►ジェスター►ハーレクイン
出典:実在(イタリア・ルネッサンス期)

グラップラー

Grappler 戦士系

格闘家、格闘士。組み技中心の総合格闘家。打撃技中心のストライカーパグピュージリストと対。「取っ組み合うもの」の意。
ゲーム的にはグローブ状以外の武器、思い防具に制限が有る戦士の場合が多い。
出典:実在

グラディエイター

Gladiator 戦士系、階級

剣闘士、剣奴。市民への娯楽として、闘技場で戦う奴隷、捕虜、犯罪者。「剣(グラディウス)を使う人」の意。
出典:実在(古代ローマ)

クリバナリウス

Clibanarii、Clibanarius(ラ)、Klibanophoroi(古希) 戦士系、階級

重騎兵、重装騎兵。重武装の騎兵、特に騎兵・騎馬ともに全身を装甲で包む人馬を指す。「パン焼き釜」または「首当てを着るもの」ほどの意。
►カタフラクト
出典:実在(古代末期ローマ〜東ローマ、ササン朝ペルシャ)

クルセイダー、クルセーダー

Crusader 戦士系、僧侶系

十字軍戦士、聖戦士、修道騎士。神聖な目的のために戦い、異教徒を駆逐する戦士、騎士。神聖魔法を用いる聖騎士の場合が多い。
►テンプルナイト►パラディン
出典:実在(十字軍活動)

クレリック

Cleric 僧侶系

聖職者。僧侶、牧師プリーストと違いキリスト教的な意味合いが強いが、「僧侶」「聖職者」の総称的な呼称。
出典:実在

クロノマンサー、タイムメイジ

Chronomancer、Time Mage 魔法使い系

時術師、時術士。時間、時空を操作する魔法使い。「時の神の占いをするもの」ほどの意。
出典:ゲーム的表現

ケミスト

Chemist 補助系

科学者、薬剤師、薬師、薬屋、アイテム士。物質、特に薬物の性質、反応、調合等の専門家。「雑多な素材を混ぜ合わせるもの」の意。
►アルケミスト
出典:実在

コルセア、コルセール

Corsair 戦士系、盗賊系

(北アフリカ・イスラムの)海賊。または(高速)海賊船、私掠船。「海賊」の意。
出典:実在(北アフリカ・イスラム)

コンジュラー、コンジャラー

Conjurer、Conjuror 魔法使い系

召喚術師、召喚士、奇術師。主に悪魔を召喚し、契約して使役するもの。「誓いとともに」ほどの意。
出典:詩的表現

コンスタブル

Constable 戦士系、階級

主馬長、王軍長。王の警護長、軍総司令官。マーシャルを部下とする。「馬小屋の伯爵」の意。
出典:実在

さ行

サージェント

Sergeant 戦士系、階級

下級戦士、曹。身分の低い、騎士に仕える戦士階級。「仕えるservīre」から。
出典:実在(フランス、イギリス)

サヴィジ

Savage 戦士系、素性

未開人、野蛮人。「森の、野生の」の意。
►バーバリアン
出典:実在

サマナー、サモナー

Summoner 魔法使い系

召喚術師、召喚士。悪魔、精霊など、召喚して使役、力を借りるものの総称的な呼称。「召喚するもの」の意。
出典:ゲーム的表現

サムライ、ブシドー、モノノフ

Samurai 戦士系、階級

侍、武士。極東の騎馬武者、重装騎兵。独特の文化、刀、弓、槍を好む。人命を軽視し、主君への忠誠、一族と配下(郎党)を守る。
戦闘技能の他、魔術師系魔法技能を持つ場合も。「側仕え」ほどの意。
►ローニン
出典:実在(日本)

シーア

Seer 補助系

予言者、先覚者、先見者。未来を視覚的に見る能力者。
出典:実在

シーアージ

Theurge 魔法使い系、僧侶系

神秘術師。学術、哲学を修め、儀式等によって、神や霊的世界から聖なる力を引き出し奇跡を行う者。
出典:実在(新プラトン主義)

シーカー

Seeker 戦士系、存在

探索者、探求者。「探し求めるもの」の意。
ゲーム的には、荒野に住まう原始の精霊の力を秘めた狩人、勇者。追跡、投擲、弓術に優れる。
出典:詩的表現~D&D

シーフ

Thief 盗賊系

盗賊、泥棒。「盗賊」の総称的な呼称。比較的、こっそり非暴力的方法を用いる盗賊を意味する。義賊も含まれる。
出典:実在

ジェスター

Jester 盗賊系、補助系、一般系

(宮廷)道化、道化師。貴族を楽しませる雇われ道化師。子族の所有物であり、滑稽さで笑われ、同時に君主に自由に発言出来る存在。「茶化すもの」の意。
►クラウン►ハーレクイン
出典:実在(イタリア・ルネッサンス期)

ジェネラル

General 戦士系、階級

将軍、大将。「ある種類(全体)の」の意。
出典:実在

シェパード、シェファード

Shepherd 補助系、一般系、階級

羊飼い、牧童、牧人、牧者、時に牧師。大量の羊を率い牧草地を渡り歩く。
低い身分だが、俗世を離れ動植物に詳しく獣を操る事から、魔術的・神秘的イメージも強い。
キリスト教の信徒を導くものから救世主牧師の俗称、また英雄の一時職でもある。
「羊の牧人Sheep Herder」の略。
出典:実在

ジオマンサー

Geomancer 魔法使い系、補助系

風水士、地相術士、土占い師。風水や地相で占う者、または土地の力、地脈を操り魔術を行う者。「土占いをするもの」ほどの意。
出典:実在

シビュラ、シビラ、シビッラ、シビュレー

Sibyl(希) 魔法使い系、僧侶系

女預言者、巫女、女祭司、魔女。神託=神の言葉、イメージを伝える神職。
►オラクル ►ピュティア
出典:実在(古代ギリシャ)

シャーパー、チーズラー

Sharper、Chiseler 盗賊系

詐欺師、ペテン師、主にカードゲームでのいかさま師。
出典:実在

シャーマン、シャーマネス(女性)

人魚の水巫女
Shaman、Shamaness 魔法使い系

呪術師、巫、巫女、祈祷師、呪い士。神、精霊、霊と交流・交信する神職。「呪術医」「知識や心得のあるもの」「修行者」の意と言われる。
出典:実在

ジャグラー

Juggler 補助系、一般系

(投げ物の)曲芸師、奇術師、手品師。物体を巧みに空中で繰ったり、手先の器用さでトリックを演じる芸人。
出典:実在

ジャスティシア、ジャスティシアー

Justiciar 僧侶系、補助系、階級

大判官、司法高官。正義を行う神または王の代理人。ゲーム的には、悪魔や犯罪者を追跡、逮捕、処罰する法官。「正義のもの」の意。
出典:実在(中世英国他)、D&D

シューター

Shooter 戦士系

射手、銃猟者、砲手。弓や銃、砲等で発射攻撃をする者。「撃ち放つもの」の意。
出典:実在

ジョングルール

Jongleur 補助系、一般系

旅芸人、大道芸人。身分が低く、器楽演奏、歌唱、ジャグリングや手品をする大衆芸術の担い手。
トルバドールミンストレルの演奏に付き添う事も多く。これらの下級職的地位でもある。
出典:実在(フランス)

スカーミッシャー

Skirmisher 戦士系、盗賊系

散兵、軽歩兵、遊撃戦士。高い機動力を生かし、投槍等の軽長距離武器で戦う軽戦士。「小競り合いをするもの」の意。
出典:実在

スカウト

Scout 盗賊系

斥候、偵察兵。偵察、侵入、隠匿等を得意とする。ゲームでは盗賊系の技能を持つものの、盗賊を生業としない者を意味する事が多い。
出典:実在

スカルド

Skald 補助系、一般系

吟唱詩人、宮廷詩人。ルーンを操り、宮廷に仕え、王や英雄の栄光や武勇をテーマとして詠う詩人。
出典:実在(北欧)

スクワイア

Squire 戦士系、階級

従騎士、見習い騎士。騎士になる為の修行身分。騎士に従い、身の回り世話、武具の管理、甲冑の着脱の補佐などを学ぶ。「盾持ち」から。
出典:実在

スチュワード

Steward 補助系、一般系、階級

家令、執事、財産管理人。王や貴族の領地の管理、経営を行う。
出典:実在

ストライカー

Striker 戦士系

格闘家、格闘士、拳士。打撃技中心の総合格闘家。組み技中心のグラップラーと対。「打つもの」の意。
主力攻撃役、銛や槌の使い手等、他の意味合いが強い為、パグピュージリストが使われる場合が多い。
出典:実在

ストラテジスト

Strategist 補助系

戦略家、兵法家、兵学者、軍略家、軍師。戦い全体の作戦、戦略の立案者。「軍を導くもの」の意
出典:実在

スワッシュバックラー、スワッシャー

Swashbuckler、Swasher 戦士系

活劇剣士、冒険剣士、暴れん坊、短剣家。自尊心と英雄的精神に溢れる、片手剣と小盾を持つ軽戦士。「威張り散らして盾を打ち鳴らすもの」ほどの意。
出典:詩的表現

セージ、セイジ

Sage 補助系

賢者、賢人、哲人。神秘的なまでに知識、知恵に優れ、英雄、騎士らに助言を行う者。
ワイズマンとほぼ同義。
出典:詩的表現

セイバー

Saber 戦士系

剣士。戦士としてはバランスが良くほぼ万能、剣技の他、騎乗技術も高い。
出典:Fate/stay night(?)

セイント

Saint 僧侶系、存在

聖人、聖徒、聖者。徳が高く、尊敬される者、祝福された者。「聖なるもの」の意。
出典:詩的表現

ソーサラー(男性)、ソーサレス(女性)

Sorcerer、Sorceress 魔法使い系

妖術師、呪術師、黒魔術師、魔法使い。主に悪霊の力を源に魔法を使う魔法使い。
出典:詩的表現

ソーズマン、ソードマン

Swordsman 戦士系

剣士、剣客、撃剣家。「剣を持つもの」の意。
出典:実在

ソードマスター

巨剣の戦士
Swordmaster 戦士系

剣匠。達人の剣士、剣客、撃剣家。そのまま「剣の達人」の意。
出典:詩的表現

ソーマタージ、ソーマタージスト

Thaumaturge、Thaumaturgist 魔法使い系

魔術師、奇跡術師。人知を越えた魔術、秘術、奇跡を行うもの。神や精霊の召喚と使役など、魔法使い系の中でも特に特殊で強力な魔術師を呼ぶ事が多い。
「奇跡を行うもの」ほどの意。
出典:詩的表現

ソルジャー

Soldier 戦士系、階級

兵士、軍人、勇士。軍隊に属し、戦闘を生業とするもの。下士官、下級兵の意味合いが強い。「賃金をもらって戦うもの」の意
出典:実在

た行

ダークナイト、ブラックガード

Dark Knight、Blackguard 戦士系、僧侶系

暗黒騎士。悪の軍勢、悪の神々の教団に属する騎士。時に自ら悪神と契約した、悪の精鋭。「闇の騎士」「黒の守り手」ほどの意。
►ブラックナイト
出典:ゲーム的表現

ダークロード

Dark Lord 存在

魔王、冥王、暗黒卿。闇や邪悪な勢力の王または神。悪魔や精霊など、主に人間を超えた存在の「魔王」。「暗黒の王」の意。
►ウィッチキング
出典:指輪物語

タクティシャン

Tactician 補助系

戦術家、兵法家、兵学者、用兵家、軍師。個々の戦いの用兵家、戦術、作戦の立案者。「整理、配置するもの」の意
出典:実在

ダンサー

Dancer 戦士系、補助系

舞い手、踊り手、踊り子、舞姫。舞踊を見せる芸人、芸術家。ソードダンサー等のように、踊るように戦うものを指す場合も。
出典:実在

チェンバレン、チェンバーレイン

Chamberlain 補助系、一般系、階級

侍従長、宮廷の高官、執事、家令。王や貴族の財務管理を行う。
出典:実在

チャンセラー

Chancellor 補助系、一般系、階級

尚書長、大法官。王令や方の起草、発布を行う。「判事席の前の格子戸近くに座っていた役人」の意。
出典:実在

チャンピオン

Champion 戦士系、存在

闘士、勇士。競技の優勝者、一の戦士。「競技者」「戦士」の意。
出典:実在

デーモンルーラー、デーモンマスター

Demon Ruler、Demon Master 魔法使い系

魔神使い、魔神の主、魔神召喚士。デーモンの力を借りたり、召喚、契約して使役するもの。「デーモンを支配するもの」の意。
出典:ゲーム的表現

ディサイプル、ディシプル

Disciple 補助系、僧侶系、魔法使い系

弟子、門弟、門人。主に学業、思想、宗教を学ぶ弟子。アポストルを指す場合も。「学ぶ者」の意。
出典:実在

テイマー

ホブゴブリンの獣使い
Tamer 補助系

獣使い、調教師。野獣やモンスターなどを調教し操る。ビーストテイマー、フェアリー・テイマー等のように、操るものを頭につける場合が多い。「飼い慣らすもの」の意。
出典:実在

ディレッタント

Dilettante 補助系、一般系

好事家、通人、趣味人、素人芸術家。文学・芸術の愛好家。「喜びを見い出す人」の意
出典:実在

デュエリスト

Duelist 戦士系

決闘者、決闘戦士。名誉と見栄えを重視し、レイピアと軽装を好む戦士。対個人戦闘に長ける。「二人の戦いをするもの」の意。
出典:実在

テンプルナイト、テンプラー

Temple Knight、Templar 戦士系、僧侶系、階級

聖堂騎士、神殿騎士、修道騎士。聖堂に属する修道士でもある騎士、神聖魔法を用いる聖騎士。教徒を守り、聖地や辺境で異教徒と戦う騎士。
►クルセイダー►パラディン
出典:実在(十字軍活動)

ドドナ、ドードーナ

Dodona 僧侶系

預言者、神官、祭司。ガイア、レア、ディオーネーなど強力で古い女神、天空の女神や地母神の神託=神の言葉、イメージを伝える神職。
►オラクル
出典:実在(古代ギリシャ)

ドラグーン、ドラグナー、ドラゴンナイト、ドラゴンライダー

Dragoon、Dragoner、Dragon Knight、Dragon Rider 戦士系

竜騎兵、竜騎士。ドラゴンに乗る騎兵または騎士。
ドラグーン、ドラグナーは小火器騎兵の事も言う。
出典:小火器騎兵は実在(16世紀)

トリックスター

Trickster 盗賊系、補助系、存在

神話の道化。魔術や詐術で秩序を乱す、悪戯好きの物語の引っ掻き回し役。幸福も災厄も、聖なるものも新しいものを引き寄せる。
「ペテン師」の意。
►ハーレクイン
出典:学術用語

トルーパー

Trooper 戦士系

騎兵。ナイトキャヴァリアーと比べ、完全に爵位の意味が無く、軍隊内に於ける兵種の意味合いが強い。
出典:実在

ドルイド

Druid 僧侶系、魔法使い系、階級

自然信仰の祭祀、指導者、文化階級。非文明的で生贄を好み、自然の魔力やルーンの力を引き出す司祭。
予言者のウァテス、吟遊詩人のバルドもドルイドに含まれる。「オークの知識のある者」「賢者」の意。
出典:実在(ケルト)

トルバドール(男性)、トルバドゥール(男性)、トロバイリッツ(女性)、トルヴェール

Troubadour、Trobairitz、Trouvère 補助系、一般系

叙情詩人、宮廷詩人、吟遊詩人。宮廷の詩人兼音楽家で、騎士道と宮廷風恋愛をテーマに好む。しばしば貴族や騎士でもある。
ジョングルールを侍らせる事も。
出典:実在(西ヨーロッパ)

トレーダー

Trader 一般系

商人。主に大型の貿易商人、通商業者。
►マーチャント►ペドラー
出典:実在

な行

ナイト

Knight 戦士系、階級

騎士。封建君主に仕える騎馬武者、重装騎兵。騎獣を養い配下を率い、領地を持つ戦士・貴族階級であり、主君との契約、キリスト教、淑女を守る。
通常、ペイジスクワイアで修行後、叙任の儀式を経て認められる。「従僕」「侍者」の意。
出典:実在

ニンジャ、シノビ、クノイチ(女性)

Ninja、Shinobi、Kunoichi 盗賊系

忍者。隠密、斥候、暗殺者。多くは傭兵。秘密主義で人命を軽視し、盗賊系の技能の他、一撃必殺(クリティカル)能力等高い戦闘力を持つ。
「忍」は「表に出さない」ほどの意。
出典:実在(日本)

ネクロマンサー

Necromancer 魔法使い系

死霊術士、死霊魔術師、降霊術師。死者、死体、幽霊を操り、アンデッドに関係する魔術を得意とする。「死体占いをするもの」の意。
出典:実在

ノービス、ノーヴィス

Novice 戦士系、盗賊系、魔法使い系、僧侶系、補助系、一般系

初心者、駆け出し、見習い、修練士(女)。まだ未熟で技術を修めていない者。ゲーム的にはクラスを選択する前の状態をよく言う。
「新しいもの」の意。
出典:実在

は行

バーグラー

ゴブリンの夜盗
Burglar 盗賊系

強盗、夜盗。主に夜に押し込む強盗。
出典:実在

バーサーカー、ベルセルク

Berserker 戦士系

狂戦士。薬の服用や精霊や獣の霊を降ろす等の手段で、狂乱状態となって戦う戦士。「熊の皮を着たもの」「何も着ないもの」の意。
出典:北欧伝承

ハーダー、ハーズマン

サイクロプス
Herder、Herdsman 補助系、一般系、階級

牧人、牧者、牧童、家畜主。主に牛飼い、羊飼いを指す。大量の家畜を率い牧草地を渡り歩く。
「家畜の群れを集めるもの」の略。
►シェパード►ボウオウティーズ
出典:実在

バード、バルド

Bard、Barde、Bardd 僧侶系、魔法使い系、補助系、階級

吟遊詩人、吟唱詩人。ドルイドの一員で、神話伝承、法律、歴史、風刺を歌にして伝える者達。
その歌には力が宿ると考えられた。「声を高くする者」の意。
出典:実在(ケルト)

バーバリアン、バルバロス、バルバロイ(複数形)

Barbarian、Bárbaros(希)、Bárbaroi(希) 戦士系、素性

蛮戦士、未開人、野蛮人。主に未開地出身の攻撃特化な野蛮な戦士の事。「ベルベルよく分からない言葉を話すもの」の意。
出典:実在

ハーレクイン、アルルカン、アルレッキーノ

Harlequin、Arlequin(仏)、Arlecchino(伊)(独)(希) 盗賊系、補助系、一般系、存在

道化、道化者。大仰で物語的な側面が強い。仮面に菱形模様の服に身を包み、機知と軽業に秀でた悪戯好きの物語の引っ掻き回し役。「悪霊」の意。
►トリックスター►クラウン►ジェスター
出典:コンメディア・デッラルテ

ハイエロファント

Hierophant 僧侶系、階級

大祭司、教皇、法王。神官の最高指導者。ポープと違い、非キリスト教、多神教的な意味合いが強い。「秘儀の解説者」の意。
出典:実在(古代ギリシャ)

バイキング、ヴァイキング、ヴィーキング

Viking 戦士系、盗賊系

(北欧の)海賊。高い航行能力と戦闘力を持つ部族。農耕、漁、交易を主な生業としていた。
「入り江に出入りする者」の意。
出典:実在(北欧~)

ハイランダー

Highlander 戦士系、素性

戦闘力の高い高地の戦士。山地を踏破し、大型剣クレイモアを好む傭兵または部族戦士。「高地に住む者」の意。
出典:実在(スコットランド)

パイレーツ

Pirate 戦士系、盗賊系

海賊、海賊船、略奪者。「海賊」の総称的な呼称。「攻撃」の意。
出典:実在

パグ、ピュージリスト

Pug、Pugilist 戦士系

拳闘家、拳闘士、拳士。拳の打撃中心の格闘家、ボクサー。組み技中心のグラップラーと対。「刺し貫くもの」ほどの意。
通常、打撃系格闘家を意味するストライカーに他の意味合いが強い為、この語が使われる場合が多い。
出典:実在

パスター

Pastor 僧侶系、階級

牧師。キリスト教プロテスタントの聖職者。「羊飼い」の意。
出典:実在(プロテスタント)

バッカニア

Buccaneer 戦士系、盗賊系

(カリブ海の)海賊。私掠海賊も含まれるが、比較的、自由を求める冒険家、義賊的な意味合いが強い。
「肉を燻して呼び寄せるもの」ほどの意。
出典:実在(カリブ海)

パトリアーク

Patriarch 僧侶系、階級

総主教、(教皇の次位の)総大司教、族長、長老。ビショップの尊称でもある。教会の最高位~高位の聖職者。「家族の支配者」の意
出典:実在

パラディン

Paladin 戦士系、僧侶系

聖騎士、近衛騎士。正義に仕える、並外れて勇猛かつ高潔な理想的騎士、神聖魔法を用いる聖騎士。元々は宗教とは関係無い。
►クルセイダー►テンプルナイト
出典:実在。元々はローマ時代の宮殿護衛兵。カール大帝に仕えた12騎士から

ハンター、ハンツマン

Hunter、Huntsman 戦士系、補助系、一般系

狩人、猟師。「狩猟するもの」の意。
出典:実在

ヒーラー

Healer 僧侶系、補助系、一般系

治療士、治療者。「回復クラス」の総称的な呼称。「完全にするもの」の意。
出典:実在

ヒーロー、ヒロイン(女性)

Hero、Heroine 存在

英雄、勇者、半神。叙事詩、歌物語の主人公たる戦士階級の傑物。「保護者」の意。
出典:実在(古代ギリシャ)

ビショップ

暗黒司祭
Bishop 僧侶系、階級

司祭、司教、僧正、主教。教会、教区の責任者、上級聖職者。神聖魔法の他、魔術師系系魔法やアイテム鑑定技能を持つ場合も。
「監督」の意。
出典:実在~ウィザードリィ

ピュティア、ピューティアー

Pythia(希) 魔法使い系、僧侶系

最も権威ある預言を行う、デルポイの女預言者、巫女。
月桂樹の葉を嚼み、大地より吹き出す煙(ガイアまたはピュートーンの霊気)を吸うことで恍惚状態になり、ガイアまたはアポロン神の言葉、イメージを伝える神職。シビュラに近いが、含まれない。
►オラクル
出典:実在(ギリシャ伝承)

ファイター

Fighter 戦士系

戦士、闘士。戦うもの全般を指す、「戦士」の総称的な呼称。格闘戦・白兵戦をする者の意味が強い。「戦うもの」「引き抜く/刈り取るもの」の意。
出典:実在

フィリ

Fili、File 僧侶系、魔法使い系、補助系

詩人。詩、讃歌と諷刺(呪言・呪歌)を作り、口伝で受け継ぐ。予見、法律編纂も行う。ドルイドの一員もしくはそれに近い存在。
出典:実在(ケルト)

フィロソファー

Philosopher 補助系

哲人、哲学者、賢者、賢人。哲学を探求し、真実を求める者。「知恵を愛するもの」の意。
出典:実在(古代ギリシャ~)

フェアリー・テイマー

Fairy-Tamer 魔法使い系

妖精使い。妖精と交流・交信し、契約してその力を借りる妖精魔法の使い手。
出典:ソード・ワールド2.0(?)

フェンサー

Fencer 戦士系

剣客、剣士、撃剣家、軽戦士。主に細い剣と軽装で戦う軽戦士を指す。「剣術家」の意。
出典:実在

フットパッド

Footpad 盗賊系

追剥。徒歩で強盗を働く盗賊。
出典:実在

ブラックナイト

Black Knight 戦士系、階級

黒騎士。黒い鎧に実を包み、家筋に頼らず個の強さで身を立てる騎士
元々は主君の居ない、または叙任されておらず紋章を表せない為、鎧や盾を黒く塗った騎士階級出身者の事。
►ダークナイト
出典:実在

プリースト、プリーステス(女性)

Priest、Priestess 僧侶系、階級

聖職者。司祭、僧侶、牧師、神官。クレリックと違いやや階級的な意味合いが強いが、「僧侶」「聖職者」の総称的な呼称。
出典:実在

ブリガンド

Brigand 盗賊系、戦士系

山賊、野伏、野盗、追剥。徒党を組み、郊外で強盗や略奪を働く盗賊。「戦う」の意。
出典:実在

プレインズウォーカー

Planeswalker 魔法使い系、存在

多元世界を渡り歩く大魔術師、大戦士。土地からマナを抽出し、大魔法を操り、異世界からも様々な生物、精霊、神魔を召喚、使役する。
「次元を渡り歩く者」の意。
出典:D&Dマジック:ザ・ギャザリング

プロフェット、プロフェテス(女性)

Prophet、Prophetess 補助系

予言者、預言者。霊感、神託=神の言葉、イメージの代弁者、霊感を受けた詩人。
出典:実在

ペイジ

Page 戦士系、一般系、階級

小姓。貴族、騎士の従者だが、多くは貴族、騎士の子弟であり、騎士になる為の修行身分。馬や馬具の取り扱い、貴族としての常識を学ぶ。「少年」の意。
出典:実在

ヘクスブレード

Hexblade 戦士系、魔法使い系

呪詛剣士、妖術剣士、魔女剣士。呪い、弱体化魔法を得意とする魔法戦士。自分のみを頼りに、功利、独行的で理想や高邁な理念等を嫌う。「呪いの刃」の意。
►ヘクセ
出典:D&D

ヘクセ

Hexe(独) 魔法使い系

魔女、女魔法使い。人ならざる恐ろしい魔物、鬼婆の場合も。
出典:詩的表現

ベグライター

Begleiter 戦士系、補助系、一般系

主に騎士の付き人、付添、従者。鎧のメンテナンスから馬の世話、試合の戦術・戦略を考えて騎士にアドバイスしたりする役目。
出典:実在

ペドラー

ドワーフの行商人
Pedlar(英)、Peddlar(米) 一般系

行商人、呼び売り商人、物売り。特定の店舗を持たない小さな商いをする商人。「籠」の意。
►マーチャント►トレーダー
出典:実在

ポープ

Pope 僧侶系、階級

教皇、法王。総主教の尊称でもある。教会の最高位の聖職者。ハイエロファントと違いキリスト教的な意味合いが強い。「父」の意。
出典:実在(主にカトリック)

ボウオウティーズ

Bootes、Boötes(ラテン) 補助系、一般系、階級

牛飼い、牧夫、牧人。主に牛飼い座を言う。
出典:実在

ボウマン

Bowman 戦士系

射手、弓術家、弓士。弓術の専門家。クロスボウを使う場合はクロスボウマンとなる。「弓を持つもの」の意。
►アーチャー
出典:実在

ポエット

Poet 補助系、一般系

詩人。詩を作る者、読む者の総称。時に詩を愛する者。「作る人」の意。
出典:実在

ポエット・ローリイット

Poet laureate 補助系、階級

桂冠詩人。大詩人と認められた者に授けられる称号、役職。「月桂冠を被った詩人」の意。
出典:実在、詩的表現、イギリス役職

ま行

マーシャル

Marshal 戦士系、階級

軍隊司令官、将軍、部隊長。軍隊の統率の他、平時の治安維持、馬上試合などの進行も役目。コンスタブルを長とする。元々は厩役の事。
出典:実在

マーシナリー、マーセナリー

Mercenary 戦士系、補助系

傭兵。金銭を対価に働く兵士。「報酬のために働く」の意。
出典:実在

マーチャント

Merchant 一般系

商人。生産者と需要者の間に立って商品を売買する者。商人の総称だが、小売商や大型貿易商人の意味合いが強い。
►トレーダー►ペドラー
出典:実在

マギ、メイガス(複数形)、マグス(複数形)

Magi 魔法使い系、階級

大魔術師、博士、占星術師、賢者。単数形はメイガス、マグス。主に階級として使われる。元々はシャーマン的な祭司階級の呼称。奇跡と魔術を操る。
「腕が立つもの」「力を持つもの」の意。
出典:実在。ペルシャ伝承新約聖書

マギテック

Magitech 魔法使い系、補助系

魔動機術士、魔動機技師。魔力で動く機械を作成、整備、操作する技術者。「魔法の技術者」ほどの意。
出典:ソードワールド2.0

マジシャン

Magician 魔法使い系

魔法使い、魔術師、奇術師、手品師、呪術師。マギのから発生した言葉で、「魔法使い」の総称的な呼称だが、より広範囲な意味を含む。
出典:詩的表現

マジックユーザー

Magic user 魔法使い系

魔法使い。そのまま「魔法を使うもの」の意。起源や特性の無い、広義の意味での「魔法使い」を意味する。
出典:ゲーム的表現~D&D

ミスティック

Mystic 魔法使い系、一般系

霊媒師、神秘主義者。直感的な秘術、魔術を使う者。「秘密」「神秘的」の意。
出典:指摘表現

ミニステリアーレ

Ministeriale(独) 戦士系、一般系、階級

家人、下級騎士、従士、郎党。君主、騎士に隷属する、非自由民の準騎士、戦士。「隷農の騎士」とも呼ばれる。
出典:実在(ドイツ)

ミミック、マイム

Mimic、Mime 補助系

ものまね士、ものまね役者、パントマイム役者、擬態者。他者やモンスターの行動、技術、特殊能力を複製して自らのものとする。「真似をするもの」「役者」の意
►モンスターのミミック
出典:実在

ミンストレル

Minstrel 補助系、一般系

吟遊詩人、宮廷詩人。宮廷に仕える職業芸人。主に音楽で座を盛り上げる。ジョングルールを侍らせる事も。「召使い」「奴隷」の意。
出典:実在

ミンネゼンガー

Minnesanger 補助系、一般系

叙情詩人。恋愛詩人、宮廷音楽家。宮廷風恋愛をテーマにした。生まれ関係なく賤民から王族まで存在した。「愛の歌い手」の意。
出典:実在(ドイツ)

メイジ

Mage 魔法使い系

魔法使い、魔術師、賢者。マギのから発生した言葉で、「魔法使い」の総称的な呼称。
出典:詩的表現

メイジウォリアー
 スペルソード、メイジファイター、メイジブレード、ルーンウォリアー、ルーンファイター、他

Mage Warrior 戦士系、魔法使い系

魔法戦士、魔戦士、魔剣士。魔法が使える戦士のこと。魔法使いが戦士のように重装備が出来ないのは本来ゲーム的な制限なので、名前も特徴もゲーム毎に違う。
魔法使いを意味するメイジ、ルーン、スペルと、戦士を意味するウォリアー、ファイター、ソード、ブレイドの2つの掛け合わせる事が多い。
出典:ゲーム的表現

メシア、メサイア

Messiah 僧侶系、存在

救世主、救済者、神の代理人。ヘブライ語で『聖油を注がれた者』の意。
出典:詩的表現

モナーク

Monarch 階級、存在

世襲君主、独裁者、絶対的支配者、王者。『一人で支配する者』の意。
出典:詩的表現

モンク

Monk 僧侶系、戦士系、階級

武僧、(仏教の)僧、修道士。節制した生活を好み、信仰と学問の為、修行をするもの。「独りで暮らすもの」の意。
出典:実在(イタリア・ルネッサンス期)、詩的表現

や行

ヨーマン

Yeoman 戦士系、補助系、一般系

自作農、自由農民、郷士、義勇農騎兵。王室・貴族の従者や衛士、州長官などの下役等の場合も。
出典:実在

ら行

ライダー

Rider 戦士系、補助系、一般系

騎乗者、騎芸士、運転士。馬の他、様々な生き物、機械を操り乗りこなす。「乗るもの」の意。
出典:実在

ラヴィジャー

Ravager 戦士系、僧侶系

邪神に仕え、虐殺と破壊を捧げる狂信的戦士。恐怖と苦痛を操り、攻撃力上昇特技を得意とする。「破壊者」「略奪者」の意。
出典:D&D

ラプソドス、ラプソード

Rhapsodos(古希)、Rhapsode 補助系、一般系

吟遊詩人、吟唱詩人。主に神話伝承、歴史を歌にして伝える職業詩人。特徴的な外套を羽織り、杖を携えていた旅装の遊歴の芸人。
既存の詩を場に合わせ詠む事に長ける。アオイドスより新しく狭義。「歌を一つに縫い合わせる」ほどの意。
出典:実在(古代ギリシャ)

ランサー

Lancer 戦士系

槍騎兵。馬上槍のランスを持った騎兵。「ランスを持つもの」の意。
出典:実在

リメイン・ラヴィジャー

Remain Ravager 戦士系、盗賊系

遺跡荒らし。
出典:実在

ルーンキャスター

Runecaster 戦士系、魔法使い系

自然の力の象徴である文字ルーンの魔術を操る聖戦士、またはルーン魔法を操る魔法使い。「ルーン魔術を投射するもの」ほどの意。
►キャスター
出典:北欧伝承D&D

レイダー

Raider 盗賊系、戦士系

襲撃兵、侵略者。奇襲・急襲する者。他に強盗、夜盗なども。
出典:実在

レガトゥス、レガテ

Legatus、Legate 戦士系、階級

使者、使節、または軍団長、副官、総督代理=レガトゥス・レギオニスの略称。
出典:実在

レガトゥス・レギオニス

Legatus legionis 戦士系、階級

軍団長。最高司令官のもと、実際に軍団を指揮する者。副官、総督代理。
出典:実在

レクター

Rector 僧侶系、一般系、階級

神学校などの校長、修道院長。「支配者」の意。
出典:実在

レンジャー

Renger 戦士系、盗賊系、補助系

森、草原を住み、野外活動に優れた戦士。時の権力、支配機構から外れて戦う者。
ならず者からゲリラ、亡国の貴族も含むが、基本的には善性の者を言う。
出典:実在

ローアマスター

Loremaster 補助系

学匠、伝承学士。歴史、系譜、古代詩、魔法の知識を探求し修めた賢者。その知識で王や勇者に助言、時に自身が指導者となる。
「伝統知識を修めたもの」ほどの意。
出典:詩的表現

ローグ

Rogue 盗賊系

悪漢、ごろつき、詐欺師、一匹狼。無法者で自由人。盗賊系の中では、戦闘や迷宮探索を得意とする場合が多い。意は「傲慢」「私は頼む」「過剰/活気」等諸説有り。
出典:実在

ロード

Lord 戦士系、僧侶系、存在、階級

君主、領主、郷士、主。貴族への尊称でもある。誇りと求心力を持つ騎士の上位的クラスであり、神聖魔法を用いる聖騎士の場合が多い。「パンを守るもの」の意
出典:実在

ローニン、スロウニン

Ronin 戦士系、階級

浪人、牢人。主人のない。多くは郎等や騎馬も失った、軽装の戦士の場合が多い。「はぐれもの」ほどの意。
出典:実在(日本)

ロバー、ローバー

Robber 盗賊系

強盗、略奪者。暴力を用いる盗賊。
出典:実在

ロイヤルガード、インペリアルガード

Royal Guard、Imperial Guard 戦士系、階級

近衛兵、近衛騎士、親衛隊。王や皇帝を守る直属の戦士、騎士。「王家/皇帝を守るもの」の意。
出典:実在

わ行

ワーデン、ウォーデン

Warden 補助系、戦士系、一般系

監視人、番人、管理人、保管者、管理者。「番をする」ほどの意。
ゲーム的には、「自然を守る番人」の意味で、大地や森の魔力を身に受ける守護戦士の場合も有り。森の番人、野生動物の守り手。軽装で防衛戦に強い。
出典:実在、ゲーム的表現~D&D

ワイズマン、ワイズ・オールド・マン

Wise man、Wise old man 補助系、存在

賢者、賢人、哲人、君子。神秘的なまでに知識、知恵に優れ、英雄、騎士らに助言を行う者。大いなる知識を持つもの。「賢い者」の意。
セージとほぼ同義、ウィザードと同義でその意も含む。
出典:詩的表現